セレモニーダンスとは

本当の自分に 出会い

本当の自分で 踊ること

本当の自分で 生きること

鎮魂帰神

神楽の役割は「鎮魂(ちんこん・みたましづめ)」と考えられてきました。今日では、死者の魂を慰める「慰霊」の意味で用いられますが、元々神道においては生者の魂を体に鎮めることで、「魂振り(たまふり)」を含めて「鎮魂」といい、宮中で行われる鎮魂祭では鎮魂・魂振の二つの儀が行われています。生者の魂は不安定で放っておくと体から遊離してしまうと考え、これを体に鎮め繋ぎ止めておくのが「たましづめ」であり「たまふり」は魂を外から揺すって魂に活力を与えることと定義されています。

布瑠部 由良由良止 布瑠部

ふるへ ゆらゆらと ふるへ

これは古えの祝詞のひとつですが、身体を「振る」ことで、氣の波が動き新しい風が起こります。「振る舞い」とは今の私たちの日常でよく使われますが、空となり導管となった時、神が降りてくる…「降る舞い」として「そのもの」になるのかもしれません。風を踊ろうとするのではなく、風になるのです。

天之浮橋の上に立つ

合氣の極意は「天之浮橋の上に立つことだ」と合氣道創始の植芝盛平師は仰られたそうです。浮き足立たず、沈まず、慎みとともに立ち、中空をもって集中する感覚 … 言うは易しですが、目指したい境地です。

三垢消滅 身意柔軟 歓喜踊躍 善心生焉

三垢が消滅し 
身意が柔軟になり 
歓喜踊躍し 善い心が生まれる

虚空諸天人 當雨珍妙華

虚空の諸の天人 
当に珍妙の華を雨らすべし

無量寿経より 

In Mt.Fuji 

セレモニーダンス講座を山口市・広島市で開講しています。詳細はメニューの 「セレモニーダンス講座」をご覧ください。

photo kunio imamura